ご挨拶

あなたの痛みや悩みをお聞かせてください。

みなさん、こんにちは。
院長の田中 友博です。
肩こり、腰痛、など、お一人で悩まず、ご相談ください。みなさんと御一緒に解決するようサポートいたします。
痛み、動きが悪い、姿勢を直したいなど、体に優しい徒手施術で、あなたの悩みを解消したい。そういう思いで、当院は営業しております。お気軽にご相談ください。
おれんじ鍼灸整骨院では、皆さんの身体のケアの一助をさせていただいております。

院長写真


まずはお気軽にご相談ください。

  • 鍼(はり)って痛くない?
  • 灸(きゅう)って熱くない?
  • 整骨院って不正請求してない?

など、お気軽に聞いてください。




施術のご相談はお電話でも、ご来院されたときでも、承ります。また、メールでも回答させていただきます。下記の欄に必要事項をご記入いただくことでメールでの御相談となります。(多忙な時もあります。なるべくメールでお願いいたします。実際に施術を受けたいのだが、説明してほしいという方は、説明だけのご予約も承ります)

鍼灸と柔道整復ってなに?

よく聞かれることですが、何をしてるところと聞かれます。
施術を受けたことのない人は、なかなかイメージが浮かばないようです。
ただ、はりは、怖い、痛そうというイメージは強いようです。針は、非常に細いものを使います。髪の毛ぐらいだと思っていただければいいです。痛くないように発展してきているので、ほぼ、痛みはありません。
お灸も非常に小さなものもあります。
鍼(はり)もお灸も機械化されたものもあります。

具体的にどんな人が利用しているかといえば、

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 膝の関節痛
  • 坐骨神経痛
  • 寝違い
  • 五十肩
  • 神経のトラブル

        などですが、

鍼灸に関していえば、そのほかにも

  • 皮膚疾患(いぼ)
  • おなかの痛み(胃痛・生理痛)
  • 更年期障害

など、その範囲は非常に広くなっています。

じゃあ、整骨院では、なんでもみれるんだといわれる方がいらっしゃいますが、整骨院は、捻挫、打撲、挫傷などの外傷性のものを主に扱うところで、鍼灸は扱えません。
柔道整復を行っているところが、整骨院(整骨院、接骨院、ほねつぎは、名称が違うだけで同じです)であり、はり、きゅうを行っているところが鍼灸院です。それぞれに、厚生労働大臣の免許を受けなければ業務は行えません。鍼灸整骨院のように両方の表記がされている場合は、それぞれの資格を持ち合わせ両方の業務をしているということです。

整体やカイロプラクティックとは

整体やカイロプラクティック、オステオパシー、リフレクソロジーなどは、日本において法律が存在しません。そのため、何の資格を持たなくても、営業できるという実態があります。
免許らしきもの(民間資格)はありますが、その学校や、仕事に対する定義そのものがありませんので、非常に不安定な位置づけにあります。ただし、整体やカイロプラクティックそのものには非常に有効なものも多く、カイロプラクティックにおいてはWHO(世界保健機関)にも承認されているヘルスケアです。日本においても法的な資格が望まれますが、法制化は未だ難しい状況です。鍼灸などの既存の医療類似行為免許も、取り締まり規則から都道府県免許、そして国家資格となったように、近代では、認められてこなかったものが、多くの先人たちの努力により現在のような形になっています。カイロプラクティックも法制化の努力をされている方々が多くいます。当院も法制化に賛同しております。